電話代行サービスのオフィスで事務所設立

一度きりの人生、自分の力で自分だけの道を歩んでいきたいと考えるのは自然なことではないでしょうか。私は現在、サラリーマンをしている25歳。大学卒業から3年務めたこの会社で、自分なりに頑張ってきました。しかし、やはりこのまま自分のやりたいことが何もできずに年齢を重ねていくのは嫌だなと、漠然と思い続けています。

最近は自分の道を歩んでいくために、起業をしたいと強く感じるようになりました。しかし、私には資本金を調達するすべが少なく、リスクヘッジ的な観点からもあまり大きな初期費用をかけて起業するのは難しいと考えました。そんな折、バーチャルオフィスというものがあることを知った私は、起業を実現するためにバーチャルオフィスについてより詳しく調べてみることにしました。

・バーチャルオフィスとは

バーチャルオフィスとは、月々数千円程度から3万円程度を支払うことで、起業に必要なツールやサービス、場所などを手に入れることができるシステムのことを言います。例えば都内で自分の事務所を新規に立ち上げようと考えた場合、非常に大きな初期費用が必要となってきます。バーチャルオフィスの場合、そのような初期費用を少しでも抑えることが可能となり、よりローリスクでの起業を実現できるようです。

バーチャルオフィスで見受けられる主なサービスとしては、住所の提供や電話番号の貸与はもちろん、電話代行サービスや郵便物受け取りサービス、さらにオフィススペースの貸与サービスなどが挙げられます。

“バーチャルオフィスとは、実際に事務所を構えることなく、ビジネスを行うためのサービスを受けることができる仕組みのことです。事務所を構える場合、まず「住所」や「電話番号」が必要です。また、場合によってはお客様と打ち合わせをする「会議室」や、あなたが仕事をするための「机」も必要かもしれません。

そのような、事業に最低限必要なサービスや場所を、月々数千円から3万円程度の格安で手に入れることができるのが、バーチャルオフィスです。加えて、レンタルでオフィススペースを提供している場合もあり、これらのサービスを含めてレンタルオフィスと言う場合もあります。事務所開業したばかりの人や、起業準備中の人にはぴったりの選択肢かもしれません。
出典:バーチャルオフィスという選択|事務所開業への道

PR:電話代行サービスならこちら

・電話代行サービスとは

このようなサービスの中で、特に私は電話代行サービスに強い魅力を感じました。電話代行サービスとは、外出中にかかってきた電話を自分の会社名で受けてくれるサービスのことです。携帯電話や自宅の電話への転送サービスはもちろんのこと、自分のメールアドレスに着信があったことを知らせてくれるような機能も持っています。

新しく起業を行う際には、「信頼」が何よりも重要なものとなると思います。電話代行サービスで自分の会社に受付ができることにより、会社の信頼は大幅にアップすることが期待できると思います。また、電話代行サービスに付随して電話番号貸与サービスがあるのも魅力的です。東京03など、信頼性の高い電話番号を取得することができるのは、非常に魅力が高いと言えます。

ローリスクで電話代行サービスまでついているバーチャルオフィスは、初期投資を少なく起業をしたいと思っている私のような人間にはうってつけのサービスだと思いました。電話代行サービスが決め手となり、私はバーチャルオフィスを借りることを決心しました。実際に借りるためにも、より詳しくバーチャルオフィスのことについて調べておこうと思います

Copyright © 電話代行サービスでバーチャルオフィス All rights reserved